いこる経営塾S。8月はバーベキュー!!

私たちについて

仕事を抱え込みすぎて、「お盆休みありません」宣言をしたはいいものの、「そういえば数年前に先輩に、お盆に仕事してたら畜生道に落ちるぞって言われたな」という事を思い出し、5分で撤回しました。14日は休もうと思います。

どうもどうも!のりぃです。

 

NPO法人アルバトロスの理事は、経営者の方が大半です。

もともと、共通の課題や取組を持っていて、それらが地域おこし協力隊の藤原理事長と出会い、化学変化を起こして出来たのがNPO法人アルバトロスです。

 

メンバーには、中小企業家同友会(ウェブサイト)の会員が多いです。

 

NPO法人は「ボランティア」と同一視される方が多いですが、名前を見ればわかる通り、法人です。単なる法人よりも前例の少ない分、バランス感覚的な難易度が非常に高いのがNPO法人なのかもしれません。

NPOってなんだ?

私たちも分からずに設立しました。理解して設立なんて言っても、何年経っても作らなきゃ分からないものは作らなきゃ分からんと踏んだからです。

 

今でも、「作らなきゃわからんかった事」を毎日体感しております。

 

よって、NPO設立とタイミングを同じくして日々のそれぞれの経営よりもさらに焦らなきゃ!という事と、皆の「学びたい!」という熱が相当加熱しました。そこで、日々の同友会の学びに加えて、とある人に「経営塾」の開催を依頼しました。

 

株式会社タテイシ広美社(ウェブサイトはこちら)の立石社長です。

中小企業家同友会広島支部の代表理事です。2500社の代表・・・

 

松下村塾が話題になってた事と、「学びたい!」という熱がいこりまくってる(いこる=炭が真っ赤に燃え上がってる様)人をぶつけたら引き受けて下さるんじゃないか!?と、無理を承知でお願いしたら、なんと快諾してくださいました。以後、毎月、経営塾を開いてくださっています。他の都道府県からわざわざ話しを聞きに来るような経営者の方に指導いただけるなんて・・・すごい。

毎回の塾のクオリティは、立石社長の講演を聞いたことのある方はご存知かもしれませんが、あのお話をより長くより深く、より丁寧に吸収出来ていて、本当に深く突き刺さり、いつも大きな課題をいただいて、解決した頃にまた課題をいただく、という好循環です。

 

そんな先輩のおかげで、活動を前にドンドン進めていけているNPO法人アルバトロスですが、今月のいこる塾は、「親睦こそ大切!」という事で、家族も呼んでのバーベキューでした!

 

おにくー!
お肉を買いましたよ!
理事に建設業の方がいるので、一瞬で炭が燃え上がりました・・・すげー(笑
理事に建設業の方がいるので、一瞬で炭が燃え上がりました・・・すげー(笑
おにくー。うまかった!
おにくー。うまかった!
丸尾さんはパティシエです。パティシエから経営者に化けようといつも必死です。
丸尾さんはパティシエです。パティシエから経営者に化けようといつも必死です。
立石塾長とその弟子、道下くん。バーベキューしてててもお酒が入っても、経営や会社の話。ついてけないっす(笑
立石塾長とその弟子、道下くん。バーベキューしてててもお酒が入っても、経営や会社の話。ついてけないっす(笑
集合写真。知ってますか?学びとは恐ろしいものです。顔つきまで変わります。
集合写真。知ってますか?学びとは恐ろしいものです。顔つきまで変わるんですよ!半年前とは別人のような人がいっぱいの塾です。

 

本当に、仲間、先輩に恵まれて非常に幸せに活動させていただいております。

8月からは間違いなくNPO法人アルバトロスの活動は具体的なものになってきます。大きく2事業あり、全力でとんでもないコンテンツを作り上げようと思っております。

 

人生観を変える移住。そんな事を実現させることの出来るまちが広島県の東部にある。そんな風に言われる日を目指し、頑張っていこうと改めて思いました。

 

これからも頑張るぞ!お盆休み欲しいぞ!

私たちについて

Posted by のりぃ