移住, 空き家, 私たちについて

僕自身の空き家問題に対して、取り組んでいこうと思った体験や経緯を書いていきます。

地域おこし協力隊って?

地域おこし協力隊の概要については、こちらへ(総務省HP)

3年の期限付きで、都市部から地方の地域活動に従事する仕事です。活動内容は様々です。地方へあわよくば、3年後も住んでくれる人材になってくれたらいいなぁという感じです。

個人的に経験してのイメージは、国から活動費は出ますし、市町村にとっては人ひとりお金がもらえた分で雇用できる。各市町村によって雇用体系や活動内容は様々で、隣町の協力隊と同じ活動を協力し合って行うというイメージはないです。ポジティブに考え、3年後も見据えた生き方、働き方を狙って協力隊になった方には、期間限定のボーナスタイム。人脈、どこでも行ける名刺、スーパーフレキシブル、手厚い地域だと、仕事、家、車、保険などなど紹介してくれます。

移住したいけど、とりあえず3年保証付きの移住のためという方にとっては、活動が、個人事業主と変わらないので、安易に考えていると、結構大変かもしれません。そうなると、協力隊の業界ルール的なものはありませんし、地域の方の目は厳しいですし、3年使っても、一般的なキャリアアップに繋がる仕事にもなりません。

ちなみに、こんな感じで当時、今となっては笑える自分を紹介していただいてます。

スーツ着てるやつが僕です。

僕は、後者の入り口で、途中から、気づかせてくれた人のご縁にめぐり合えて、今でも任期が終わった府中市に住んでいます。

移住するのに家を探す。

最初、東京から、府中に来た時に、家を紹介してくれることになりました。空き家バンク。実際に所有者の方に家を見せてもらった際に、「300万で安くしてるから、買ってね。」みたいなことを言われる訳です。「いやいやいや、ローンが組めたとしても、そこまでして買いたくはない。そもそも月一万円で賃貸って話はどこに。」と心の中で独り言言いながら、奥さんとアイコンタクトとった記憶があります。

これが、空き家を仲介、そもそも、家を取り扱うのは、素人がやっちゃダメ。と、思ったきっかけです。家を探すときに普通不動産会社に行きますよね。一か月分の手数料位で、色々責任追ってもらえてるんだと思いました。意外と、空き家バンク利用された方の中には、話と違うってパターン多いのかなぁって考え始めました。

「まちヨミ」

地域おこし協力隊の活動をしていく中で、様々な活動に関与させてもらえてましたが、結局、無償のボランティア活動を延々と繰り返していることに、なんとなく気づきます。

そして、何か自分発の与えられた活動以外をしてみようと思い立ちました。それが、「まちヨミ」という「まちぐるみ読書会」でした。読書会の進行の資格もとりました。(一日で取れますが実践は別です)読書しながら、町の人の考えを聞く、対話する目的です。毎週朝の時間を活用し、読書会を行いました。さらに、資格元から、オファーをいただき、町の課題を読書を通じて共有し、行動までする。という「まちヨミ」の企画に便乗。府中市でリアルな課題や問題を聞くことに繋がりました。その場で話題で出たのが、地方消滅とか、人口減、空き家等でした。ニュースなどでちょうど話題になっていた時期だったかもしれませんが、住民の意識として実感している問題だったのです。

その後、著名な神田さんより、年間最優秀賞をいただき、本にも府中市の事が掲載されることになりました。

知らなかったから始められた。

一つテーマを絞った活動にしようと、「空き家」について取り組む。と決めたわけです。協力隊にとって、何をしたらいいかわからない状態が、一番周囲から〇〇して、と頼まれやすいです。断る理由も暇なのでない、断れない、さらに×10そんなことがある。そんな状態ではなく、今これやってますんで。と言える活動は大事だと思うのです。

幸いに、建築、法律、不動産等の知識は、まちヨミの参加者のメンバーや、空き家バンクでの家探しを諦めて、不動産へ行った際に知り合った方などと活動していくことになりました。僕は当然そんな知識はありませんでした。さらに、法人化。NPO設立となったら、委託事業のオファー。そんな流れです。個人的に無償のボランティア活動を延々と繰り返してしますのですが・・・。

空き家に関する活動を経験していくにつれて、使命感みたいな感情が芽生えてくるんですが、結果良くならなかったら、正直、やらないほうが良かったことも数多くやらかしてきました。初めてだらけの経験を積ませてもらいました。

空き家の片づけとか、色々、割愛すんですが、

空き家の取り組みやってるんだから、建築家、大工、不動産、建設に詳しくてやってます。と言ってみたいですが、残念ながら僕はただ協力隊員でした。知識があれば、手を付けたくないと思ったはず。

僕が、動き始めたきっかけは、よく分からない使命感と、メンバーへのワクワク感だったと思います。当時、色々分かってなくて、知らなかったからこそ、衝動で動き始めて良かったなぁと思えてます。

今では、僕の家は、もちろん空き家だった物件を取得。家族と間取り考えて、家を改装しながら住むまでになってきました。また、空き家だった場所に人が住まうことで、いろんな物語が生まれたりしてます。田舎の町ではミラクルな事件です。

「僕の空き家の取得までの道」を次回ご紹介します!

告知, 私たちについて

 

「起業×空き家」セミナー(全4回)

  〜空き家を活用して 起業の夢を叶えませんか〜

  主催:特定非営利活動法人アルバトロス

第2回セミナー 「空き家活用のケーススタディ」

日時:2016/8/27(土)18:30-21:00

場所:広島県府中市鵜飼町223(アルバトロス鵜飼事務所)

内容:18:30〜19:45 起業家からの講演
「女性の私が起業した理由と起業6年間のエピソード」 

     講師:濱口友美氏(企画制作会社STELLAR代表)

   20:00〜21:00 空き家活用のケーススタディ
    ・アルバトロス鵜飼事務所の活用紹介
    ・事務所の物件見学
     ファシリテーター:藤原幸大氏(NPO法人アルバトロス理事長)

   ※セミナー後、希望者を対象に懇親会を予定しております。

対象 :起業に興味のある方
    起業を検討されている方
    空き家(日常的に使用しない建物)をお持ちの方
    空き家の利活用でお困りの方

参加費:無料

定員:15名

持参物:筆記用具

お申込方法:下記必要事項をメールにてお送りください。【申込締切8/25(木)】
      名前・性別・年齢・住所・電話番号・メールアドレス・懇親会参加希望・検討している起業内容

     また、Facebookのイベントページでも参加申し込みが出来ます。

お問い合わせ:NPO法人アルバトロス
                           TEL 0847-44-6555 MAIL info@fuchu-albatross.org

今後のセミナー予定
 第3回 9/24(土)18:30〜21:00 「空き家を手に入れる方法、手放す方法」
 第4回 10/29(土)18:30〜21:00 「改修計画ワークショップ」
 
 ※開催場所は、いずれもNPO法人アルバトロス事務所を予定
 ※セミナー内容は変更となる場合がございます
 
このセミナーは、下記事業により実施しています。
 空き家利活用研究会(通称空き研)による創業意識啓発事業
 平成28年度広島県創業意識啓発事業委託業務【地域課題解決型】

 

ilovepdf_com ilovepdf_com-1

告知, 私たちについて

「起業×空き家」セミナー(全4回)

  〜空き家を活用して 起業の夢を叶えませんか〜

  主催:特定非営利活動法人アルバトロス

 

第1回セミナー 「府中市で、空き家を使って起業するには?」

日時:2016/7/23(土)18:30-21:00

場所:広島県府中市鵜飼町223(アルバトロス鵜飼事務所)

内容:「起業×空き家」とは

   空き家を取り巻く現状

   空き家を活用するメリット

   WS「空き家で起業 何する?」

   ※セミナー後、希望者を対象に懇親会を予定しております。

講師 :前岡範行氏(宅建士、AFP)

対象 :起業に興味のある方

    起業を検討されている方

    空き家(日常的に使用しない建物)をお持ちの方

    空き家の利活用でお困りの方

参加費:無料

定員:15名

持参物:筆記用具

 

お申込方法:下記必要事項をメールにてお送りください。【申込締切7/21(木)】

      名前・性別・年齢・住所・電話番号・メールアドレス・懇親会参加希望

      検討している起業内容

     また、Facebookのイベントページでも参加申し込みが出来ます。

 

お問い合わせ:NPO法人アルバトロス

                           TEL 0847-44-6555 MAIL info@fuchu-albatross.org

 

今後のセミナー予定
 第2回 8/27(土)18:30〜21:00 「空き家の現状を知る」
 第3回 9/24(土)18:30〜21:00 「空き家を手に入れる方法、手放す方法」
 第4回 10/29(土)18:30〜21:00 「改修計画ワークショップ」
 ※開催場所は、いずれもNPO法人アルバトロス事務所を予定
 ※セミナー内容は変更となる場合がございます
 
このセミナーは、下記事業により実施しています。
 空き家利活用研究会(通称空き研)による創業意識啓発事業
 平成28年度広島県創業意識啓発事業委託業務【地域課題解決型】

私たちについて

空き家研究会、集合写真、劇団つなぎ

【空き家研究会】とは、

地域で空き家を活用するときに役立つ実践講座です。
研究会参加後も、不明点を聞くことのできるプロとの繋がりが出来ます。
研究会当日以外でも参加者 FB グループ等で随時情報交換を行える体制を作っています。
一緒に学び、考えていきましょう。

という事を目標に月に一回、実際の空き家の現場にて開催しています。

車で 3 時間以内の方は、ぜひお越しください。

空き家を活用しようと考えたとき、こんな疑問や不安はありませんか?
・何から手を付けていいかわからない
・素人でできるのはどこまでか、どこからがプロにお願いしないといけないのか
・自分たちだけで実践するのは不安

こんな方を対象に参加者を募集しています。

☆前回の空き家研究会はこちら
さぁ第3回目では…13537771_1742392446032964_2640933421767299649_n

■6/29(水)不動産登記って? 講師:宮本氏(土地家屋調査士)
某理事のF君が、実際に府中の空き家を購入し、リフォームをして現在家族で住んでいます。
そんなケースを前フリ話に誰に相談して?そもそもどうやって空き家を手に入れるの?
家を買う・借りるときに必要となる基礎の知識

そもそも不動産登記って何?から、学びました。

宮本先生と参加者が、各々聞きたいことをその都度聞いていく形で進行。
活動しているそれぞれの地域で、「土地で○○な問題があるんですが、どうなんでしょう?」
などなど。

座学の後は、仲良く昼食!
もちろん府中市のお弁当!(いずもやさん)
IMG_6097お昼からは、実際の空き家を見ながら、
補修が必要な個所や、空き家の管理について学びました。IMG_6084IMG_6088
なるほど!って顔頂きました。

その後は、電動工具ミニ講習をやって、
いざ!次の日に向けて、天井をうがす!!
IMG_6090
バキバキっと!バールや手で天井をうがして、うがしてうがしていきます。
13516283_1742963225975886_2567219772893805254_n女性でも意外と簡単にうがせます。13537731_1742392469366295_8440449751413846948_n一日目終了~この後、みんなで温泉へ。その後、交流会!交流会のみ参加の方も!w
交流会が話が盛り上がるので、これも一つ、大事な研究会の内容です!
13494936_1742392489366293_3580317715093161259_n

■6/30(木) 天井張り替え作業 道下克巳(NPO法人アルバトロス理事 大工 / 2級建築士)
13557734_1742964129309129_6075417936887239848_n
前回、床張りをした部屋の天井を張り替える作業を体験し学んでいきました。
講師の道下氏に、工具の使い方、構造の説明、作業の流れを説明して頂いて

IMG_6101 IMG_6102 IMG_6109石膏ボードをカットして、天井へはっていきます! また良い顔頂きました。
IMG_6098
あと少しだー なんか目に汗が入っちゃったみたいです。

早い早い!道具大事ですね。

13590417_1742965599308982_2873635576352094514_n 13592439_1742966375975571_3550484509857424727_n

2日目の体験の終わりは、ボードとボードの目地にパテを塗る。
皆さん直ぐにコツを覚えて、ほぼ完成させてました。。。恐るべし初体験の熱中度合い。
道下氏の講習が生で見れて、見よう見まねで、とにかくやってみる!!

体験は本当に面白い。作業になるとしんどい…

1人でネットで調べて、1人で準備して、1人で作業して。
そんな経験は皆さん何かしらでしてませんか?

誰かと一緒に(空き家研究会では、プロ又は経験者)空き家の片づけも、掃除も改修もやった方が、
時間も知識もモチベーションも全然違います。

空き家研究会では、普段一人では中々やらない体験を、あなたと行います!
次回の空き家研究会のご参加をお待ちしてます!(地域おこし協力隊向けです)

私たちについて

LIGから日本一周中の野田クラクションべべー君がアルバトロスの活動に参加してくれました!

 

べべ君のブログはこちら↓

べべ旅 〜ひとりぼっちの日本一周編〜

 

アルバトロスの記事も書いてもらいました↓

広島県府中市で「増え続ける空き家問題」について真剣に考えました

 

LIGさんの社名の由来は「Life is good」。つまり「人生は素晴らしい」。

べべ君はそんな生き方をしている人に出会いながら、「旅するサラリーマン」としていろいろな職業を経験し、ブログで発信されています!

いろいろな仕事をしながらその日の食事や泊まるところなど、ワークエクスチェンジで生活するという面白い旅をしています。(なんでも一日に使えるお金は300円なんだそう)

 

Exif_JPEG_PICTURE

べべ君の旅の相棒である「サンディエ号」。レトロな車にめちゃくちゃ目立つ外装。

各地のアーティストさんがどんどん車に書き足していっているそうです。

皆さんセンスがありますね〜。

 

アルバトロスでの仕事

べべ君には、空き家の片付けを手伝ってもらいました!

 

IMG_1877

ゴミを袋に詰め、荷物の搬出をするべべ君。

 

IMG_1881

少しづつ荷物を運んでいきます。

 

IMG_1882

何かを見つけたのでしょうか。

 

IMG_1887

搬出した荷物をバンに詰め、一息つく理事長とべべ君。

「空き家の片づけって大変な作業ですね。でも空き家って面白いですね」

ハーハーしながら言っていたのがおもしろかったです。

 

 

作業のあと、三郎の滝へ

府中市の観光も兼ねて、三郎の滝へ案内しました。

みんな水着なんて持って行ってないので、パンツにTシャツというラフなスタイルで滝滑りをすることに。

三郎の滝2

三郎の滝3

三郎の滝1

べべ君、理事長、三次の地域おこし協力隊の杉浦君。夏の風物詩ですね〜。

後で発覚したのですが、べべ君はカナヅチなんだそう。それでも三郎の滝は楽しかったと言っていました。

ちなみに滑ったときにパンツも破れたそうです。

その時の動画がこちら↓

 

夜はアルバトロス事務所へ宿泊

旅をしながらいろいろな人に会って働くという生活。一見楽しそうに見えがちですが、移動、連絡、執筆活動とかなりタイトなスケジュールで動かれていました。

 

IMG_2025.CR2

夜中に執筆作業をするベベ君。

 

執筆作業も終わりいろいろな話をしていくうちにだんだんと移住・定住の話、空き家の話、生き方・働き方の内容になっていきました。

旅をしながら日本全国を回っていると、いろいろな地域のまちづくりや面白い人と出会うので話を聞いているだけでとても刺激を受けました。

 

また遊びに来てください!

若くしていろいろなことを経験し、これからもいろいろとグレードアップしていくこと間違いなしなべべ君。

私たちも負けないように頑張ります!

私たちについて

現在アルバトロスでは空き家の活用に向け、オーナーさんに承諾を得た空き家の片付けや掃除や解体などで、空き家へ出入りする人が多くなってきています。

(活動の記事はこちら。)

 

 

そんなある日、一人の理事からこう告げられました。

 

「あそこの空き家何になるの?って地域の人からめちゃくちゃ聞かれるんだけど」

 

って、えっ?!

自分たちが携わってる空き家を、自分たちとみんなの力で再生しようとしているだけなんだけど。

なのになんで、周りはそんなに気にするの?

……正直不思議でした。

と同時に、自分たちが今やっていることは、地域のひとたちから見ると、めちゃくちゃ目立っていることにも気付きました。

でもよく考えてみると、そりゃそうですよね。

もともと空き家だったところに何人もの若い人が出入りして、何やらしている。

周りの人から見ると、今まで平穏だった地域に変な人が来たんじゃないかと不安になってもおかしくない話です。

ご近所さんにご挨拶しよう

ということで、お隣の方に挨拶へ行くことにしました。

初めてのご挨拶。相手に不審がられたらどうしよう…などと思いながら緊張したままお隣Aさんちの玄関の前に立ち、呼び鈴を押しました。

 

(呼び鈴:ピンポーン)

ドキドキしながら訪問を告げました。

私「ごめんくださーい」

Aさん「はーい、どうぞー」

私はガラガラと扉を開けました。

私「こんにちは。私、〇〇と申します。今隣の家で片づけなどしているものです。云々かんぬん」

Aさん「ああ、そうなんですか。あの家は何になるんですか?」

 

うを!

眼、眼が ……。

…… めっちゃ怪しまれとるし ……。

 

内心汗をかきながら、必死で言葉を絞り出しました。

私「あ、あの建物はですね云々かんぬん…」

Aさん「ああ〜、そうだったんですか。大きい家だから大変でしょう。頑張ってください。」

私「はい!ありがとうございます!よろしくお願いします。」

よ、良かった〜

 

緊張から解放され脱力した私に、Aさんが助言をくださいました。

Aさん「あ、挨拶行くんだったらあの家にも挨拶しといたほうがいいよ。田舎はいろいろあるからねぇ。」

おお、新たな情報ゲット!

私「そうなんですか。ありがとうございます。」

 

なるほど、これが地域のコミュニティーというものか。

みなさん蜜に連絡取り合ってるんだろうなぁ…。

何はともあれ、お隣の方が活動を理解してくださった事は、良かったな。

 

気持ちも新たに2件目へ

2件目のお宅は少し離れた場所へあったのですが歩いて行くことにしました。

徒歩で向かう途中、雨が降ってきて私は頭と肩を濡らしながら玄関の呼び鈴を押すこととなりました。

呼び鈴が鳴り、お隣Bさんが顔を出してくださいます。

 

私「こんにちは。私、〇〇と申します。今あちらの家で片づけなどしているものです。云々かんぬん」

Bさん「ああ、そうなんですか。雨の中大変だったでしょう。あいさつ回りされてるんですか?頑張ってください。」

私「はい!ありがとうございます!」

おお、やった!理解してもらえた!

 

1件目、2件目と、近隣の方へのご挨拶はドキドキから始まりましたが、対応してくださったみなさん、どなたもとてもいい方で、訪問を終えた後は、「挨拶に行ってよかった〜」と気持ちが軽くなりました。

 

 たかが挨拶

みなさんは引っ越しなどの際に、ご近所さんへ挨拶に伺ったことってありますか?

挨拶をするのは当たり前だという人もいれば、ぜんぜんしないよ、という人もいるでしょう。

はたまた、「挨拶?どっちでもいいんじゃない?」なんて意見もあるかもしれません。

 

私は、「挨拶はどっちでもいいんじゃない?」タイプでした。

しないよりはしたほうがいいだろう、ぐらいの感覚でいました。

でも、都会へ出て一人暮らしをすることになった時、マンションの隣接部屋や近所の住民の方に引っ越しの挨拶で伺うことはしませんでした。

 

マンションの大家さんも、「挨拶はどっちでもいいよ」と言ってくださっていたので、「そんなもんか」と思っていました。

ところが実際に住んでみると、夜中に隣から騒音が聞こえてくるのです。

苦情を言いたいのですが、相手は顔も知らない人です。

話を切り出すことが億劫になってしまって、結局そのままにしてしまいました……。

 

されど挨拶

今回、理事の一言がきっかけとなった、ご近所さんへのご挨拶回り。

このことを通じて、痛切に感じたことがあります。

それは、

「もし、私たちが地域住民の方へ挨拶へも行かないまま、作業だけをどんどん進めていったなら、住民の方たちの私たちに対する不安や危惧などから、悪いうわさなどが立っていたのかもしれない」
ということでした。

そんな状況に陥らないためにも、新しい地域で何かをするときは、次の一点がとても大事です。

 

挨拶を自ら積極的に行い、周りの住民の方の理解を得ておくこと

 

そうすることで、引っ越した先などでもトラブルになる可能性が減り、その後の活動や生活がスムーズにできるのではないでしょうか。

私たちについて

三郎の刻、荷物がいっぱいだった部屋の片付けをしていきました。
母屋の和室



納屋の床を解体


解体した廃材を処分

荷物をなくすだけで部屋がスッキリとし、何か出来そうなスペースが生まれます。

家には荷物がたくさんあります。空き家も同様、片付けをしないと荷物がたくさんあることがあります。

モノを捨てるのはもったいないと言われることもありますが、ある程度処分をすることで新たな家の使い方が見えてくるのではないでしょうか。

たかが片付け、されど片付けを感じた1週間でした。

私たちについて

三郎の刻、納屋の作業を行っていきました。

本日は床の解体作業。
壊す床


パールを使ってバキバキと床板を外していきます。


この後外した板を搬出するため、細かく切っていく作業が必要なのですが、釘が刺さっていると切断道具の刃が欠けるので、それも抜いていきました。

リョービさんの丸ノコ、W763EDを使って木材を切っていきました。

うまく切れる床板と、切れない床板があり、切れない床板は丸ノコがキックバックする可能性があるので慎重に切らないと事故につながります。


作業もサクサク進み…


解体作業が完了しました!

1日でけっこう解体できるもんですねー

私たちについて片づけ

空き家を自分たちで自由にリノベーションする、三郎の刻プロジェクトを始動しました!

IMG_7610

 

趣きのある日本家屋でとても良い家。
…なのですが、建物の中はゴミだらけ。

ということで本日は荷物を処分していきました。

写真はほぼすべて可燃ごみなのですが、ほとんどは衣類。この大量にある衣類は古着屋さんに持って行き買い取ってもらうことにしました。

 

運搬用の軽バンに、これでもかというぐらい荷物を載せ発進。

15万円のバンが唸りを上げていました。

 

古着屋さんへの道中、買い取ってもらえるかなぁ、突き返されたらどうしようとどきどきしながら持って行きました。

そして査定してもらうこと約20分…

 

なんと57円で買い取ってもらえました!ここのお店では古着もリサイクル資源として買い取ってもらえるようです。
本日の処分費はトータルでプラス57円でした。

 

荷物を運びだした部屋はこのようになりました。

 

本日の学び

・もし古着の処分に困ったら、古着屋さんへ持って行ってみよう!
(ただし状態などによっては買い取ってもらえないこともあります)

 

それでは
 

 

 

 

私たちについて

こんにちは。

劇団つなぎ団員です!

今日の作業は荷物の仕分けと搬出。

もくもくと作業を行いました。

周りは静かなので作業に集中できます。

 

もくもくと…

IMG_7544

 

もくもくと…

IMG_7543

 

もくもくと…

IMG_7546

 

ふぅ…

IMG_7542

 

無心で作業しているこの瞬間がたまらないそうです。笑

いい汗をかいた一日でした。