瀬川百貨店, 活動報告

上下商店街空き店舗対策委員会

上下商店街空き店舗対策委員会に、オブザーバーで参加させて頂きました。

空き店舗が増える上下町商店街の、空き店舗対策について協議する委員会。

今年度の事業として、空き店舗を改修した2店舗に、スタートアップ補助という形で活用者を募集する内容でした。

結果的に、空き店舗一つに新規でのお店(鍼灸)が決まりました!それはそれで良かったなぁと思います。

審査会にて

新規で店舗を開業される方の、商店街に対する思いとして、

「上下への新規事業参入を少しでも魅力に感じてもらえるお手伝いをしたい、地域情報の共有とみなさんと地域を盛り上げていきたい」と。

僕自身店舗を出す立場だったらと考えると、正直、こんな決断はできないなぁと思います。

今の商店街にとっては、貴重な人じゃ本当に。

中には、「もっと若い人が来るお店に来てもらいたい」という意見もでました。

その人が魅力に思える土台づくりは、置いといて。

 

委員会は、事業を行う為に設置されましたが、空き店舗対策を上下商工会として取り組んでいくために、継続していきましょう!という声が多数あがりました。

委員さん達がその気持ちを持っていらっしゃる内に、自分事として他人の空き店舗に委員会として、会員の意見として、所有者・地権者に声掛けしていくことが出来れば、委員会の継続は重要だと感じました。

 

空き家率が、30%を超えると、自治体の財政が成り立たなくなる?という記事も目にするようになってきました。

府中市も統計上で、もう十数年後には、空き家率は30%を超えてくる可能性があります。

空き家・空き店舗を他人の家の問題から、その地域の問題意識へと時代は変わっています。

「外部不経済」をどうにかしていこうという国の資料なんかも目にしました。

上下町という歴史が引き継がれてきたまち、将来のふるさとが子供、孫に残されていかなくなる。

このまま何もしなければ。

そんな状況になっているかもしれないねと、個人が発する声ではなく、商工会会員の共通認識になったり、自分の家のために空き店舗対策するよって声が大きくなっていけば、意外と空き店舗対策は開かれていって、進展していくかもしれんなぁと思いました。

空き家対策は、コミュニティのあり方を問われてるんだって最近思うようになりました。

 

瀬川百貨店, 活動報告瀬川百貨店

上下に関心を持ってもらえるのは嬉しい

雪が降り始めた上下町12月。

当日の天気が心配でしたが、雪や雨も降らずにイベント開催出来ました。

027

曇ってます。。天気怪しいからじゃないと思いますが、色々と難なくとはいかないもの。当日の出店者の病欠等で朝はバタバタと。

開催時間までには、なんとか会場準備が整いました。

出店者の皆様ご協力(レイアウト変更)ありがとうございました!

014035028022046042

食べ物系(ホットな食べ物)が増えたり、子供連れの出店者が増えたりしてます。

出店者の方も、アマ横が販売初めてって方も多く、回を重ねるごとに出店者同士での会話も増え、売り方や会場の雰囲気も寒くなるにつれて良くなってきてるなぁと思いました。

なんというか、あったかい雰囲気です。

032

そしてなんと、大学生が何人も見学に来てくれて。泣き

「今回の出店は無いけれど、次回出店してみたくて」と。

12%e6%9c%8817%e6%97%a5-%e3%82%a2%e3%83%9e%e6%a8%aa_161220_0022

お客さんの対応をしてみてくれたり、自分の得意なイラストを見せてくれたり。

大学生が上下町に興味持ってくれて、休みの日に来てくれるって感動。

中には、「上下町でアマ横以外でもイベントをして、上下の人と関わりたい!」

って声もいただきました。

大学生への声掛けは、おじさんが学食を食べに行って、変態同然に声掛けしたりしてきました。

「変態やって良かったぁ。」

上下の人と大学生が話している時に思いました。。

12%e6%9c%8817%e6%97%a5-%e3%82%a2%e3%83%9e%e6%a8%aa_161220_0019_mg_381412%e6%9c%8817%e6%97%a5-%e3%82%a2%e3%83%9e%e6%a8%aa_161220_0014

来場者は、地元の方々がほとんど。

寒い中足を運んでくださってありがとうございました。少しでも上下町の人と繋がるきっかけになればと思っているので本当にありがとうございます。

今回は、決して多くの来場者が来たとは言えませんが、売り上げが一番良かった出店者が3組。

出店者の会場の雰囲気作り、学生さんの参画で成り立った第4回のアマ横。

次回も楽しみになってきました!

 

次回の開催は、1月29日(日)11時~17時

 

瀬川百貨店, 告知, 活動報告空き店舗

第3回 アマ横開催!

_mg_3770

11月26日、だんだん冬らしくなって落ち葉が舞ってます。

上下町の気温は日中約10℃位。瀬川百貨店内は、9℃位。 …寒ッ!

当日は、ストーブさんにお世話になりながらの開催!!来月は雪降るかなぁ。

_mg_3744

出店してるお店はどんな感じ?

 

img_8447.jpg

子供から

IMG_8465

地元の高校生、

_mg_3782

絵を販売・一緒に書こう!って方とか

_mg_3787

アイデア手作り雑貨を作っている方、

_mg_3784

ハンドメイドイヤリングを作成されている方

img_8442.jpg

マスキングテープでオリジナルポストカードを販売している大学生さんとか。

そんな方々総勢20組程度のアマチュア出展者に瀬川を使ってもらっています。

当日の会場の様子

_mg_3743

朝礼で出店者で気合を高めて。

_mg_3755

準備万端!

11:00~OPEN!

_mg_3775

人がチラホラと。ご近所さん達が来てくれた後、

_mg_3789 _mg_3811

お客様!寒い中ご来場ありがとうございました!

また、新しい出店者の方と、上下町民との会話が生まれました。

 

モノを売る。だけでなく、物々交換をする出店者の方々も。

商いを通じての会話。その人を知るきっかけ。どんな接点でも人が楽しそうに会話しているのが一番の活気の源だなぁと感じました。

出店者の方の中には、売上を第一に考えているのではなく、何人に出会えるか。

まだ見ぬ友達を探しに来られている方も。

 

様々な目的を持ったアマチュアの出店者が、個性を発揮し、お客さんは個性をハシゴする。

そんなアマ横、来月、再来月もやりますよー!

 

アマ横(アマチュア横丁)

4%e3%82%a2%e3%83%9e%e6%a8%aa

アマ横のイベントは、上下町商店街にある奥行60mの瀬川百貨店(空き店舗)を活用して、様々なアマチュア出店者が集合。手作り品の販売・展示、ワークショップ、飲食物の販売などを行います!
上下町商店街と、福山大学、福山市立大学生や若い世代、上下周辺のアマチュアの作家さん達とのつながりを育て、空き店舗の活用や賑わい作りを目的として定期開催をしています。

開催概要
日時:平成28年12月17日(土) 11:00〜17:00 /  1月29日(日) 11:00〜17:00
会場:瀬川百貨店(府中市上下町上下1023)
入場料:無料
主催:NPO法人アルバトロス 
twitter: amayoko_joge       Facebook:https://www.facebook.com/events/1291457790917251/

 

出店者も募集中!

3%e5%9b%9e%e3%82%a2%e3%83%9e%e6%a8%aa%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%e8%a3%8f

何かにチャレンジしたい、表現したい、自分の作ったものを売ってみたい方!

出店料:無料 

参加条件:アマチュアの方限定(初チャレンジの方大歓迎、プロの方はご遠慮下さい)

学生、親子出店大歓迎!

 

お申込みはこちら

%e3%82%a2%e3%83%9e%e6%a8%aa%e5%87%ba%e5%ba%97%e8%a6%81%e7%b6%b145

%e3%82%a2%e3%83%9e%e6%a8%aa%e5%87%ba%e5%ba%97%e7%94%b3%e8%be%bc%e7%94%a8%e7%b4%995 %e3%82%a2%e3%83%9e%e6%a8%aa%e5%87%ba%e5%ba%97%e7%94%b3%e8%be%bc%e7%94%a8%e7%b4%994NPO法人アルバトロス 藤原まで メール:boredefuchu@gmail.com / 電話:090-6409-1987

瀬川百貨店, 活動報告

第2回 アマ横(アマチュア横丁)

%e3%82%a2%e3%83%9e%e6%a8%aa%e6%9a%96%e7%b0%be

アマ横

江戸時代に栄えた山あいの宿場町、府中市上下町。

旧・瀬川百貨店が、活きのいいアマチュア達によって今蘇る。様々なジャンルの個性をハシゴできる横丁。元気の押し売り いらっしゃいませ~

 

若者と商店街人達との『つながり』を育てたい。

 

そんな想いで、開催中のイベント 「アマ横」

府中市には大学は無いので、近辺の大学生や、アマチュアの作家さん、上下町の中・高生に出店してもらい、空き店舗となっている 「瀬川百貨店」の利用法の一つです。

瀬川の今の状況で、約20店の出店して頂いています!

 

イベント当日

%e3%82%a2%e3%83%9e%e6%a8%aa

こんな感じでゆる〜くスタートしてます。(一回目)

%e7%ac%ac%ef%bc%92%e5%9b%9e%e3%82%a2%e3%83%9e%e6%a8%aa%e5%86%99%e7%9c%9f

おー!

地元の方々を中心に、瀬川に人が…

1人で寒い中ゴミの片づけしてた時を思い出す…泣

%e7%ac%ac%ef%bc%92%e5%9b%9e%e3%82%a2%e3%83%9e%e6%a8%aa%e5%86%99%e7%9c%9f%e9%ab%98%e6%a0%a1%e7%94%9f

地元の上下高校生も!おぉぉ!

若い女の子が!

%e7%ac%ac%ef%bc%92%e5%9b%9e%e3%82%a2%e3%83%9e%e6%a8%aa%e5%86%99%e7%9c%9f%e8%a6%aa%e5%ad%90

手づくり万華鏡とかあります。

%e7%ac%ac%ef%bc%92%e5%9b%9e%e3%82%a2%e3%83%9e%e6%a8%aa%e5%86%99%e7%9c%9f%e4%b8%87%e8%8f%af%e9%8f%a1

僕が楽しむ!出店者に絡む運営者

%e7%ac%ac%ef%bc%92%e5%9b%9e%e3%82%a2%e3%83%9e%e6%a8%aa%e5%86%99%e5%a5%a5%e8%a1%8c

一回目より横丁ってイメージになってきたかなぁと。

%e7%ac%ac%ef%bc%92%e5%9b%9e%e3%82%a2%e3%83%9e%e6%a8%aa%e5%86%99%e7%9c%9f%e5%ad%90%e4%be%9b

書きまくれー自由だー

 

地元の方と出店者(周辺に住んでる)が、趣味や体験、商いを通じて、

輪が広がるきっかけになってたら、ええなぁ。

 

空き家を、人が集まるコミュニティとして活用。

住んでなくても、ずっと居なくても方法はあるある。

 

終了後、

懇親会&反省会 with 商店さんのおでん

「もっと他の大学、専門学生との出会いが欲しいー!」

「出店者増やそうぜー」などなど、色々ご意見いただきました。

 

出店者=実行委員の勢いで、一緒に創っていきましょ!

%e7%ac%ac%ef%bc%92%e5%9b%9e%e3%82%a2%e3%83%9e%e6%a8%aa%e5%86%99%e6%87%87%e8%a6%aa%e4%bc%9a

瀬川百貨店, 空き家, 活動報告アマ横

先日、旧瀬川百貨店にて「アマチュア横丁」というイベントを開催しました。

このイベントは、奥行きのなが~い旧瀬川百貨店を横丁に見立て、学生をはじめとするさまざまなアマチュアの出店者さん達が、瀬川百貨店にアマチュア横丁の店舗として出店。

世界に2つと無い出店者さんオリジナルの個性的な商品やパファーマンスなど、見て聞いて触れて楽しめるイベントです。

また出店者さんにとっては、自分で作ったものを販売してみたい、表現してみたいといった思いを実現できる場となっています。

「ハンドメイドイベントは参加してみたいけど、ちょっと私にはハードルが高くて。」なんて方とともに成長するイベントです”

今回は小・中高校生、大学生、大人と幅広い年代の出店者さん計17店舗が集い瀬川百貨店内中に所せましとブースを出していただきました!

朝礼の様子

代表あいさつをする藤原理事長。全出店者さんが集まっており、イベント開催の趣旨、注意事項等の説明がありました。

初めて出店される方も多く、期待と緊張が漂っていました。

最後に「アマチュア横丁、行くぞー!」「おー!」

との掛け声でイベントが始まりました。

IMG_8435

img_8472.jpg

店内の様子(入り口)

イベントが始まってから10分後、すでにちらほらお客さんが入ってくるのが確認できました。入り口のスペースには販売だけでなく、ワークショップスペースも配置。中学生・大学生による小物販売や占い、お花やアクセサリー作りのワークショップなどがありました。

道行くお客さんも足を止めて出店者さんの商品を見られ、なかには大量にお買い物をされる方までいらっしゃいました!

IMG_8433

店内の様子(路地)

こちらは路地の様子。細くて長い小道が奥までずーっと続いています。(ちなみに瀬川百貨店は奥行きが60mもあります)路地のサイドには出店ブースがあり、横丁のように様々な店舗をはしごできるようになっています。

道行くお客さんはそれぞれ好みのお店に足を止めて、商品を見たり、出店者さんと会話したり思い思いに楽しんでいられたのが印象的でした。

出店者さんも商品を売るだけではなくて、お客さんとの会話をしながらハンドメイドの商品の説明などを楽しむ。

IMG_8470

店内の様子(奥のスペース)

店内の突き当りには少し開けた場所があり、ここでは映像やパフォーマンスが楽しめる空間かつ木製のベンチもあり、ゆったり休憩できるスペースにもなっています。訪れたお客さんはベンチに座って食事をされたり、映像を見ながらお話をされたり、まったりした空間になっていました。

また、上下高校生によるパフォーマンスには大勢のお客さんが鑑賞され、高校生たちの気合の入ったパフォーマンスに賞賛の拍手が鳴り止みませんでした。

外からの様子

入り口には町の方がされている屋台が出店され、焼き鳥、府中焼きが販売。ソースや焼き鳥の焼かれるいい臭いが上下町商店街だけでなく、瀬川百貨店内にまで漂って、出店者さん達ほぼ皆買って食べるという。

その他店内の様子、出店者さんたち

IMG_8448

img_8458.jpg

IMG_8489

IMG_8469

IMG_8468

IMG_8465

お客さんだけでなく、出店者さんも他のかたのブースへ行って買い物をされるなどいろいろな交流をされていました。

イベント終了後

出店者さん含め、参加者のみなさんで交流会。

IMG_8492

「普段はかかわらない若い人たちとこういう場をともにできるのはとても刺激になる」と出店者さん。その言葉を聞けただけで、開催して良かったぁという思いでいっぱいになりました。その他にも「楽しかった」などの声が聞け、次回も頑張らなきゃなぁと感じています。

最後に

第1回目のアマチュア横丁をおかげさまで無事終えることができました。次回、第2回アマチュア横丁は9月24日(土)となっています!(イベントページはこちらら。)

第2回目は今回の改善点を活かし、よりグレードアップしたものにしようと考えています。

出店者さんもまだまだ募集中なので興味のある方はぜひお気軽にご連絡ください。

活動報告

三郎の刻プロジェクト、今週も片付けを行っていきました。

前回の記事はこちら

 

納屋の片づけ

前回は木材を運んだのですが、今回は農機具やバイク、その他の残ったゴミを移動、処分して中を空っぽにしていきました。

こちらが納屋の片付け前の様子。これでもかなり片づけた方です。

IMG_1889

 

農機具を運び出し、もくもくと作業をするM君。納屋の中にたまっていた木くずや、もろもろのゴミをレーキでかき集めていきます。

IMG_1909

 

納屋には植物のツルがそこら中に生えていたので、途中から草むしりになっていました。
ちなみにこの時は音楽をガンガンにかけて作業していたのでかなり楽しく作業できていたようです。
音楽はやっぱり大事ですね。

IMG_1902

 

こちらが片付け終了後の納屋の写真。
IMG_1910
別アングルから
IMG_1876
IMG_1912

きれいサッパリ物がなくなりました。

なんだかいい感じに廃墟感が出てるような気がします。

この空間がどのようにに変わるのか楽しみです。

 

台所の片づけ

こちらは台所。たくさんの荷物が乱雑に散らかっていました。まるで嵐の後のよう。
IMG_1977

 

特に多かったのが食器。大人数で住まわれていたことを物語っています。

また、冠婚葬祭用の食器やおぼんもたくさんありました。後で知ったのですが、昔はどの家庭にも普通にあって自宅で冠婚葬祭が行われていたようです。

IMG_1991

 

一つづつ丁寧に片付けをしていくAちゃん。
揃いのきれいな食器がたくさんあったので、処分どうしよう…と悩んだそう。
IMG_1993
片付け後
IMG_2002

こちらもきれいに片づけられました。

昔はものがたくさんあっても、大家族や親戚の方たちがいると大切に使われていたのでしょう。

しかし、時代が変わるとニーズがなくなり、その役目が終わってしまう。

いろいろと考えさせられた片付けでした。

活動報告片づけ

三郎の刻プロジェクト、本日はこちらの部屋から片付けをしていきました。

IMG_7640

IMG_7639

これだけの量を片付けようとすると、いくらするのだろう…

荷物を分別し、整理していきました。

すべてが捨てるものではなく、必要なもの、必要かどうか微妙なものが混在した状態でした。

その中でまずやったことは、必要でないもの、つまり今後全く使わないものをどんどんゴミ袋に詰める作業でした。

まずいらないと判断したのは、ボロボロになったダンボールや可燃ゴミ。その次に量がかさばるカゴなどのプラスチック製品。それらをゴミ袋に詰め、分別していきました。そうすることである程度のかさが減り、移動が楽になりました。

また、ダンボール、雑誌類、衣類は買い取ってもらえるので別の場所へ持って行ったりしました。

 

片付けが完了するとこんな感じに。

IMG_7657

IMG_7656

めっちゃすっきりしました〜

この調子でどんどんやっていきたいと思います!

 

 

ちなみにビール瓶は酒屋さんで1本10円で買い取ってもらえました。意外と売れるもの多いんですね。

IMG_7658

 

活動報告

この度、私たちの拠点づくりということで、古民家の改修はじめました。

どうも劇団つなぎの隊員です。

古い家って建物もそうですが、庭も広い物件が多くあります。

今回改修する物件もそのうちの一つで立派な庭があるのですが、誰も手入れをしていないので庭木が伸び放題。まるで森のなかにいるような感覚になってしまいます。

こちらは初めて物件に訪れた時の状態です。

P8960162

虫もたくさん湧いているし、蜘蛛の巣もそこら中にあります。

大きく成長した木は日光を遮り、建物を覆っていきます。そうなると建物の劣化も早くなることでしょう。

今回剪定した木は、このように納屋の屋根を覆っていました。

IMG_7557

納屋は雨漏りがしており、雨漏りの箇所を直すのに木の剪定が必要だったわけです。

納屋の中はジメジメとしており、壁にもシミができていました。

IMG_7549

 

 

 

そんな納屋の状態も確認しつつ、早速作業を開始していきました。

IMG_7582

木の枝をバッサバッサと切っていく隊員M君。

かなり楽しそうでした。

 

使った道具はリョービさんの小型レシプロソー「RJK-120」

IMG_7553

よく働いてくれました!

 

切って運んで…

IMG_7583

 

ついに…

 

陽の光が当たるようになりました!

IMG_7585

 

はじめ薄暗かった庭がウソのようです。やはり陽の光が入るとぜんぜん違う家のようです。

庭の手入れの大事さを改めて実感しました。

瀬川百貨店, 活動報告

こんにちは!

第2回空き家研究会を行いました。

前回の空き家研究会はこちら

今回は間取り図の書き方から始まり、床貼り、壁塗りを空き家の中で行いました。

 

〜間取り図〜

こちらは間取り図の講義を受けている様子。

IMG_0857

講義の後は実際に部屋を見ながら、部屋の間取りを書いていきます。

IMG_0937

IMG_0941

みんな真剣に勉強しています。

続いて、壁塗り、床貼りを二班に別れて行いました。

 

〜壁塗り〜

今回使う塗料はこちら。

IMG_1181

ひとりで塗れるもん

塗りやすく、天然系の素材を使ってあるそう。

→ひとりで塗れるもんHP:https://hitoride-nurerumon.asia/

 

まずは床をマスキングしていきます。これで塗料が垂れても大丈夫!

IMG_0964

 

続いてベニヤ板をは壁のサイズに合うよう、丸のこを使って切っていきます。

IMG_1004

切ったベニヤ板の裏にボンドをつけることで壁へしっかりと張ることができます。

IMG_0998

ベニヤ板を張るときはタッカーという道具を使用しました。

タッカーを斜めに打つと板が浮き上がりにくくなるようです。

IMG_1047

IMG_1000

 

ベニヤ板を張り終えると、続いて下地材の「シーラー」を塗って一日ほど乾かします。

IMG_1084 (1)

シーラーを塗りながら同時にマスキングもしていきました。

IMG_1136

IMG_1080

 

そして壁塗り作業を開始!

コテを使って丁寧に塗っていきます。みんな無心になって塗っていました。結構ハマるようです。

IMG_1182

IMG_1184

IMG_1179

こんな模様をつくるのも楽しいですよね。

IMG_1193

ムラなく塗ることは意外と難しく、どんなに丁寧にやっても多少のムラができてしまいます。

改めて左官屋さんの凄さを思い知った壁塗りとなりました。

 

 

before

IMG_0862

IMG_0944

 

after

IMG_1238

IMG_1242

少し塗りムラがあるところもありますが、壁が違うだけで部屋の印象が全然違います。

以前の壁は綿壁だったので、キラキラしたもの(何というんでしょう?)がポロポロと落ちて掃除するのが大変だったのですが、壁を塗ることで掃除の手間も省けます。

機能的にも壁を塗るというのはいいのかもしれません。

 

〜床貼り〜

別の部屋で床張りを行いました。

床は1本目の調整が難しく、大工さんに教わりながら張っていきます。

IMG_0975

一本目が張れたら、あとは順々に貼っていきます。

IMG_1089

IMG_1131

こちらでもタッカーが大活躍。

IMG_1135

IMG_1095床材は角度45°で打つことで、横方向にも高さ方向にもずれないそうです。

また、埋まっている釘にタマが当たるとタマが跳ね返ってくるため、板を押さえるときはガンの口の方向に手や足を持ってこないことが危険を回避する注意事項だそうです。

そんなことに注意しながら、床をどんどん張っていく参加者たち。

みんな器用なのか、大きくミスすること無く順調に新床の面積が増えていきました。

 

before

IMG_0863

after

IMG_1221

こちらも床を張り替えるだけでガラリと印象が変わります!

最初土足で歩いていた床も、最終的に靴を脱いで入らないといけないほど綺麗になりました。

みんな張り終えてグッタリ。暑い中お疲れ様でした。

IMG_1198

今回は2日間かけての作業で、材料費は二部屋あわせて約10万円でした。

プロの方に指導してもらいながらのDIYで、本格的な部分が多かった内容ですが、初心者でもできる!と実感した2日間でした。

〜今回使用した道具たち〜

IMG_0858

IMG_0870

 

IMG_0978

IMG_1126

 

〜今回のハイライト〜

IMG_0878

IMG_0869

IMG_0932

IMG_1001

IMG_1063

IMG_1108

IMG_1162

IMG_1124

IMG_1109

IMG_1190

IMG_1185

IMG_1173

IMG_1172

IMG_1170

IMG_1168  IMG_1209

また次回の空き家研究会でお会いしましょう!

活動報告

5月14日、15日の2日間、「NLP×地域おこしセミナー」を行いました!
大阪から講師の方が来られ、濃くたくさんの学びを得ることができた2日間となりました。

大事なことは小さな一歩を踏み出すこと。

セミナー会場となったのは高橋工芸さんのAREA gallery!
近代的な建物と自然が融合した、とてもスタイリッシュでカッコいい空間でした。
屋外でも気持ちの良い天候で、セミナーをするには絶好の環境でした。

こちらが学びの場、AREA gallery↓

エリアギャラリー

セミナーは2日間で20時間弱とかなり長い時間を要したのですが、すべてのステップを楽しみながら取り組むことができました!
振り返るといろいろな学びがあったなぁなんて思います。

セミナーもさることながら、みんなで食卓を囲んでご飯を食べることができたのも何だか合宿をしているような感覚になりとてもワクワクしました。

マクロビの美味しいご飯!↓

美味しいご飯

 

ご飯を食べてくつろぐみなさん。のんびりした休憩時間でした。↓

くつろぎ

この2日間、たくさんの人とワークをすることで、1人ではできないことも多くの人が集まれば何でもできてしまうという気づきがありました。
多くの大人が集まって楽しみながら学びができる場というのは、ありそうでなかなかありません。
学んだことはしっかり実践していきたいと思ったセミナーでした。