【移住】移住の目的は何ですか?負のループからの脱出!

移住, コラム移住

田舎生まれ、広島、岡山、海外、東京さ行くべと出てから、広島県府中市へ移住した藤原です。

引っ越しを結構繰り返してきましたが、移住希望者の方との会話、東京移住フェアなる体験を通じて、引っ越しとは異なる、「移住・定住」という特別視された状況に違和感があります。

自分の経験も踏まえながら、移住に対して私たちの考えをご紹介します。

eredoa / Pixabay

なんで移住したいのか。

僕の移住したきっかけは、「広島に戻ろう。今の暮らしは家族じゃない。」と奥様に言われたのがきっかけ。僕は、いつかは、故郷に戻ろうとは考えていましたが、灯台下暗し。一番身近な人を思いやる心を失っていました。仕事も、友達も、何もかもゼロの場所への引っ越しの決め手は、当時また再出発する不安から、一周回って、ノリで決めたと思います。

上記は、お勧めしない移住です。少しばかり目的意識は無理くり自己暗示して作っていましたが、移住後すぐに崩壊しました。(今は笑える)

移住相談で、移住希望者の方々(地域おこし協力隊、新卒含む)とお話しさせていただく機会が増えていくにつれて、いろんな共通点が見えてきました。また、その移住希望者の方々自身も気づいていない部分も見え、これは伝えていかなきゃと思っているところです。

なぜならば、本当にただの場所移動になり、移住する前よりしんどくなっちゃうからです。

移住相談を受ける際には、僕の場合、初めてお会いする際、一切の府中市の情報は、聞かれない限りお話しません。「やる気あんの?」と、言われようがお話しません。それは、移住希望者の方にとって重要なことではないと考えているからです。

例えば、観光名所や名産品、家の情報などが移住の決め手となる情報でしょうか。ハローワークじゃあるまいし仕事情報があるので、わざわざ知らない土地へ引っ越すという状況に違和感はないでしょうか。知り合いのいない土地の方が不利に決まっていますし、都市部に比べて収入はもちろん下がります。府中市で言えば、確かに自然環境が豊かといえば、豊か。お米もめちゃくちゃ美味しいです。ただ、個人的には富士山とか、きれいな海は、全国区で見ると何ぼでもあります。コシヒカリといえば、想像できますよね。移住といえば、ふちゅ・・・って今頭で思い浮かぶ方もいないでしょう。旅行で行きたい町でも、住み続けたいかは別もの。

「うちの町は、〇〇あるんやでぇ~」と、移住者の取り合い合戦には、僕は逃げ腰です。府中市は、まだまだ知名度低いので絶対負けるし、移住希望者が何人移住したという数でみてる感じがどうも違和感があります。「人」ですからね。後々、病んだので元いた場所へ帰ります。とほほ。は、近所や地域、移住者の方に深くダメージを与えます。それは、避けたいですよね。

大事なのは、移住後の暮らしや精神的な部分だと考えています。良くなるって思い描けなきゃ、不利になる場所へわざわざ行くのは、賢い選択とは言えませんよね。

そんな考えから、聞くことは一つです。

「なんで移住したいんですか?」

これしか聞きません。何回か東京の移住フェアで、机にパンフ無し、笑顔のみ。で挑んだこともあります。周りからは白い目で見られていましたが。結果、お話させていただいた方全員が、府中市へ遊びに来てくださいました。

ただの引っ越しじゃないですよね?

移住を考えていらっしゃる方々の考えは、様々ですし、価値観もバラバラ。でも、共通点はあります。どんな方でも、希望を抱いて、「もっと自分の人生が、移住によって良くなるんじゃないか。」という思いです。同じ思いを持っていても、うまくいく人とそうでない人に分かれます。その分かれ目って、タイミングや個人のスキル、ただ馬が合わない等ありますが、絶対意識して損はないポイントをご紹介します。

人生を変える方法があるそうです。

大前研一さんという著名なコンサルタントのお言葉。

「人生が変わる方法は3つしかない。

1番目は時間配分を変える。

2番目は住む場所を変える。

3番目は付き合う人を変える。

この3つの要素でしか人間は変わらない。最も無意味なのは決意を新たにすること。」だそうです。

移住に当てはめてみると・・・「おー全部達成!」

ですが、必要な要素が揃っていても、

自分が変化していかないと結局良くならないんです。

これは、僕自身経験済みです。場所や付き合う人が変わっても、もし、うまくいかない原因が自分にあるとしたら。自分では気づかず、今まで環境や他人のせいにする。うまくいかず、地方へ行けば違う未来が開けるかもしれませんが、それだけではまた繰り返す可能性が大です。

結局、前の場所と同じ自分で同じ考え方をして、同じようなプロセスや行動をしがちです。気づかぬうちに。

自分がどんな移住後の暮らし、ありたい姿を想像しているのか。

自分がどんな移住後の暮らし、ありたい姿を想像しているのかを、目的設定に加えることは、お金もかかりませんし、考えて損はないはず。

移住することは、目的ではありません。移住後にどうありたいかが重要です。

家を建てるときは、その家で暮らす幸せな家庭を想像しますよね。ですが、だんだんと、間取り争いが勃発し、デザインや予算を考えているうちに、家を建てることが目的になる。そんな話しを聞いた時、移住も似てるなと感じました。

私たちの移住相談では、移住する目的設定を定める会話を、時間をかけて行っています。

移住をお考えの方は、一度、「移住・定住」って言葉を頭から外して、自分のありたい姿を想像してみてはどうでしょうか。

移住, コラム移住

Posted by kodai