【地域力】「地域力」をキーワードに、「空き家問題」を考えてみる。1「空き家問題って何だろう?」

コラム, 空き家地域力

「空き家問題って何だろう?」

誰が困っていて、どんな解決案があるのか。「地域力」をキーワードに考えてみました。

空き家問題といっても、様々な原因や要因が複雑に絡み合って、一つづつ整理して考えてみます。

ニュース等で見る、一般的な空き家問題。

全国の空き家の数は、820万戸で、空き家率は13.5%。総務省統計局 平成25年住宅・土地統計調査 特別集計)これからも加速的に増加していくそうです。2033年には、全国の空き家は、3軒に1軒は空き家なんて情報も。3軒並んでいたら、両隣は空き家なんてことに。

「空き家が増えていて問題だ!」ニュースでも、住んでる府中市でも、隣町でもよく耳にします。「空き家」というネガティブな印象の言葉を聞いて、問題だと感じる方も多いと思います。ですが、問題って何が問題なんでしょうか。

「日本の人口が減って大変だ。」を聞いた時位、ぼんやりと問題だ。大変だ。(自分に差し迫った困りごとではないけどね。)という方も多いのではないでしょうか。

では、空き家が増えることで、実際にどんな問題が、私たちに起こる可能性があるのか調べてみると。

① 衛生環境の悪化

② 景観の悪化

③ 治安の悪化

④ 土地利用の非効率化

「なるほど!それは、私たちにとって困るわ!」と、自分事として考えられた方は、正直、まちづくりとか、地域活性に関心のある変わり者に近いかもしれません。普通に仕事して、休日は娯楽や趣味といった生活にとって、空き家問題は、なんとなく問題視してるけど、関係ないなとなるのは当然に思います。僕も以前はそうでした。

本質的な問題は、何だろう。

しかしながら、原因や、現状の解決しないであろう対策等調べたり、考えていくと、もっと恐ろしい将来やってくるであろう問題に気が付きました。知らず知らずのうちに、自分や家族、子供や仕事、自分の家に影響してくる問題だとしたら、空き家問題について「少し聞いてやってもいいぞ。」と思ったりしませんか?さらに、空き家を所有している方だけの問題ではなく、家を持つ誰しもが、いや、家を所有していなくても関係しているのが、「空き家問題」だと気が付きました。

今のところ何となく、空き家事態に問題点があるのではなくて、空き家が放置されたり、所有者以外の人に迷惑かけてるよねって事で問題視されている感じがします。

そこに疑問をもって、もっと調べてみよう!

 

「地域力」をキーワードに、「空き家問題」を考えてみる。2 へ続きます。

コラム, 空き家地域力

Posted by kodai