【地域力】「地域力」をキーワードに、「空き家問題」を考えてみる。4「空き家所有者以外も、空き家問題は影響してくる?!」

コラム, 空き家地域力

空き家所有者以外も、空き家問題は影響してくる?!

前回、空き家所有者の問題意識が、周りが騒いでいる割には薄い。という話しをしました。次に、空き家所有者以外の人にも、悪い影響があるのではないかという気づきを書いていきます。

「地域力」をキーワードに、「空き家問題」を考えてみる。3「空き家問題って騒がれている割に危機感感じないのはなぜ?」

放置された空き家があることで、衛生環境の悪化、景観の悪化、治安の悪化、土地利用の非効率化が、周囲に対して問題視されることは一般的に紹介が良くされています。ですが、これだけですと、僕なんかは、聞いてもあまりピンときませんし、気になりません。正直、自分事に思えないので、「ふーん、そうかぁ。」って感じです。

そこに、空き家問題が重要視されてる割に、解決策が見当たらず、加速的に問題が大きくなっていってる原因があると、アルバトロスでは考えています。

府中市の空き家の状況。

広島県府中市を中心に、NPO法人アルバトロスは活動しています。もちろん府中に住んでいます。府中市の紹介はこちらの動画で。

府中市のような中山間地域でも、空き家問題は問題視されています。空き家の数は、15000戸に対して、1700戸以上。ゼンリン調べ2016(主に外観目視)人口予測は、2040年には25000人に。現在の約半数の人口になる人口統計が出ています。

空き家率が、30%以上になると町の財政が成り立たなくなるという話しも聞いたことがありますし、将来的に平成の大合併のように、市町村合併されていくかなぁとか考えてみたり。実際暮らしていくとなると、コンビニすら撤退しそうって思いますし、府中市での事業が主の事業者なら死活問題。ママなら、子供が出産できる産婦人科は、既に無いですし、小児科すら無くなったら不安。学校も統合されてしまうと、近くに保育園、小学校すら無くなる。現在の学生にとっては、思い出のふるさとの形は将来ないかもしれません。このまま何も手を打たなかったら、そんな現実もやってくるのかなって本気で危惧しています。大げさかな。

自分たちの暮らしに影響する、空き家問題。

地方の市町村にとって、空き家問題は市町村の死活問題といっても過言では無いと考えています。特に地方にとっては、税収、町内会、土地の管理、仕事、病院、学校、生活インフラ等に影響してきますよね。空き家問題がすべての根源ではないですが。

順番に考えていきます。

① 6軒の家があるエリアに、1軒の空き家があります。空き家は、もう何年も放置されています。

② 残りの5軒は、空き家に無関心。口出ししません。住んでいるのは、全戸プラチナ世代の方。

③ 子供が、実家に帰ってきて暮らす選択は取りません。そんな話しをしたこともありません。

④ 数年が経ち、残念なことに、また1軒空き家が増えました。

⑤ それでも、よそ様の事に口出しは厳禁。エリアとしての問題意識はありません。

⑥ 町内会も手がまわりません。畑の草刈りを頼めるのも、シルバーさん。

⑦ 買い物もネットが無い、バスも本数少なく不便。病院に通うのも一苦労。

⑧ そこに住みたいと思う人は現れません。住んで欲しい、困っていることすら誰も知りません。

⑨ 時間は経っていき、残りの4軒が、施設に入ろうと思い立ち、家の処分を考え始める。

⑩ エリアの魅力は低下し、家はボロボロ。買い手がいない。自動的に下の世代へパス。

⑪ あれだけ先祖代々の大切と言っていた土地も家もお墓も、放置。落ち葉が夏まで残る歩道。

⑫ そんな場所へ、インフラ整備する金銭的余裕は行政にはなく。放置。

⑬ 思い出の場所、習慣、文化は消えていく。

そんな現実が実際に起こっています。

空き家があることで、地域力は下がる。

空き家の維持管理費用といった単体的な経済に打撃を与えるだけでなく、その影響はジワジワとエリアや地域に広がっていきます。犯罪の危険性や精神的な人が少なくなったという不安感、空き家を地域の問題として行動しないことで、新たな住民の受け入れや、様々なコンテンツが生まれるチャンスの損失をし、空き家が量産される背景を追い風に、結果、地域の魅力は低下。それは、地域力の低下です。日常生活していくうえで必要な、病院、道、お店、コミュニティ、学校、防災、ビジネスに影響してくる話なんです。

地域に魅力がなく、「地域力」が低下すると、空き家は増えていく。

空き家が多い場所は、「地域力」は低下し、地域の魅力はなくなっていく。

そんな悪循環になっているイメージ。

空き家所有者の単体的な問題から、視点を、そのエリアや地域の課題として認識することが大切なことではないでしょうか。

まとめ

ここまで、空き家問題について、調べて、偏見交えて考えを書きました。

結果、以下のような考えに至りました。

自分事としてまず関心を持つことから始まる。

空き家問題は、空き家所有者だけの問題ではない。

家を持つ誰しもが考えなきゃいけないこと。

実家や親族の家がある人も関係する話し。

今日が最短で、最高値。

 

エリアによっては、自分の暮らしにまで影響してくる。地域力と空き家問題は比例する。

 

皆さんが住んでいる地域ではどうですか?

コラム, 空き家地域力

Posted by kodai