ふちゅう大学誘致の会の活動紹介

ふちゅうに大学を!

府中市に大学を誘致する活動にNPO法人アルバトロスも参加しています。

 

府中市の人口ビジョンによると、人口はこのままずっと減り続け、未来からすると今日をピークに減り続けます。

人口統計というものは恐ろしいもので、20歳の人が10年後に30歳になる事が不動のものであることでわかる通り、この世の中でもっとも狂わない統計だそうです。企業の進出や土地の分譲、世の中の変化などは大体織り込んでいる数値なので、大きく変わることがないそうです。例えば日本全体が景気が良くなったら?それでも府中市から都会に出ていくかもしれませんし、全体的に落ち込んでも同様。大きく変化させるためには、私たちの活動のように、「統計の基礎となる数値として予定されていないこと」をしなければ、少々のイベントや町おこし活動を行ってもなかなか成果としては現れないのかな。と思ってます。

そのような中で、「大学誘致の会を発足しようと思っている。」という会長の最初の提案があったとき、私たちは「これだ!」と思いました。おそらく人口統計の算出の際に「もし府中に大学があったら?」きっと、数字は異なるはずですよね。

http://www.city.fuchu.hiroshima.jp/zpdf/shisei/jinkokubijyon_sougousenryaku/files/jinkoubijyon_h28.6.pdf

上記リンクの人口ビジョンにある通り、18歳で学生が市外に流出し、そののちに帰ってくるんですが帰らない人も多数。これが現在の府中市です。

流入が無いことを前提にした人口統計を裏切ることができれば!そう考え、アルバトロスからは理事が二人参加し、打合せ会場として鵜飼町の事務所の提供をさせていただいたいます。

 

ふちゅう大学実現までの道のりは遠いですが、是非、応援をお願いします。

興味・関心があれば是非ご連絡をお待ちしております。

 

ふちゅうに大学を!

今後、様々なイベントや勉強会、署名活動などを行っていこうと思います。

よろしくお願いします!

 

詳しいことは以下↓↓

ふちゅう大学誘致の会ウェブサイトはこちら

Posted by のりぃ