7/31・8/1 広島小商いメッセin東京 

瀬川百貨店

小商いメッセチラシ『広島が誇る「海の街」と「山の街」のヒト・モノ・コトが有楽町にやって来ます。 小さなかわいい屋台で、見て、触れて、買って、味わって、2つの街の「あきない魅力と可能性」に触れてください!』をテーマに、今までにない、交流を目的としたイベントに参加しました。 プレゼンテーターに「小商い」で有名な、旅する本屋「放浪書房」店主・富永浩通さんを迎え、総勢200名ものお客様にご来場いただきました。 お越しいただいた方々は、富永さんのファンの方だけでなく、「小商い」というキーワードだけで来場された方や、「広島ってどんなとこだろう?」と関心があって来場された方もいらっしゃいました。 広島に興味をもってご来場いただけるのは、うれしいことですね。 イベントの内容としては、

・広島の物産コーナー
上下・御手洗の特産・物産の展示・販売コーナーや、都内のカフェ・お菓子屋さんによる、上下・御手洗の食材を使った特製メニューの御紹介。
・小商い求人コーナー・旅情報コーナー
広島で小商いにチャレンジしてみたい!そんなあなたの「最初の一歩」のきっかけづくりをお手伝い。
・小商い本ライブラリー
放浪書房の「小商い本」を御紹介。非売品ばかりだから立ち読みしてね!
・トークセッション
とみーさん(富永浩通さん)のトークにぐいぐい引き込まれること間違いなし!
・小商いカタログ プレゼント
人気ミニコミ誌「しのそのへ」のイラストレーター2人が独自取材したもの。

等を通して、実際に暮らしている方の生の声を、東京の方に聞いていてもらうというものでした。 他にも、実際に広島の商品を東京の方に販売を体験してもらう試みがあったり、瀬川百貨店についても、出てきた商品の展示や瀬川百貨店プロジェクトの片付けの様子の動画を流しました。 今回のイベントでは、一人でも多くのお客様に広島のことを知っていただけるように、呼び込みをやりました。 余談ですが、この時一番反応が良かった呼びかけは、 「セキセイインコ風味のアイスありますよ~」 でした。 やる気をもって呼び込みに挑んだものの、30分もやっていると、東京の暑さに倒れそうになってました。。 そんななかで行った呼び込みではありましたが、呼び込みをきっかけに会場に入ってくださった方が一度会場に足を踏み入れると、『ただの物産展(モノ)ではなく、商いや暮らし(コト)を地元の方からお話を聞く(人)』ということを体感して頂き、長時間会場に滞在される方も多かったそうです。 そういう声を聞くと、呼び込みをやった甲斐があったなと思います。 このイベントは2日間開催されましたが、親近感のある雰囲気の中で行うことができて良かったです。 今回、ご参加いただいた上下スタイル 真野さん、指物濱一 岡田さんありがとうございました。お二人がいたからこそ、上下町の魅力をお伝えすることが出来たのだと思います。   そして、この小商いメッセは、広島で11月に再度開催予定です! 詳細は後ほど。お楽しみに!    

瀬川百貨店

Posted by kodai